税金と確定申告の関係

確定申告で払いすぎた税金を取り戻す

確定申告をするとどんないいことがあるのか

私たち国民に課せられた義務のひとつが、納税の義務です。
しかし、実際のところ税金の仕組みは非常に複雑な上、義務教育でもその詳細を習わないので、税金について正しく理解している一般国民はほとんどいないでしょう。
ここでは、今現在の税金システムを理解してどのように運用されているかを見ていきましょう。

国や都道府県、市区町村では、憲法第25条に定められている、健康で文化的な生活を送るという権利を守るために、個人ではできない様々な仕事、いわゆる公共事業と呼ばれるものをしています。

税金には様々な種類があり、こと細かに洪も区分けされています。
最も国民に近い税金は、消費税で、これは所得の高い人でも、所得の低い人でもかかる税金の比率は同じです。

しかし、税金の中にはその世帯の所得や、家族の生活状況に応じて税金の割合が変わるものがあります。
これは、貧富の差による税金の圧力に差が生じないようにあるためです。
また、この精度は累進課税精度といわれ、世界各国で採用されている税金制度です。

日本は、海外に比べて社会福祉が整っているといわれています。
たとえば、公立小中学校の授業料が無料になっていたり、近年はさらに高校の授業料さえも無償化にされています。

このように、税金を納めることでより国が豊かになり、自分もその一端を蜷手いると考えれば、税金は必ず支払わなければならないと思えます。
しかし、中には払いすぎた税金を経冠できるシステムもあります。

おすすめリンク

TOPへ戻る