確定申告で払いすぎた税金を取り戻す

>

税金はどのように成り立っているのか

確定申告とは

確定申告とは、所得税および復興特別所得税にあたる税金を支払うための手続きです。
計算期間は元旦から大晦日までです。
また、申請受付期間は2月16日から3月15日までです。
この時期は領収書の計算など忙しくなるため前もって準備しておきましょう。

確定申告は自由なものではなく、基本的に所得を得た人には申請義務があります。
また、申請漏れによる金額には追加召集という形で課税され、金額も上がるためきちんと税金に対する申請は行うことをお勧めします。

また、医療費が一定金額を超えた場合、不動産による所得を得た場合など、確定申告の対象となる状況においては税金の控除がされる場合もありますので、サラリーマンの方でも必ずチェックするようにしましょう。

青色申告と白色申告がある

青色申告では、複式簿記という正規の簿記原則に基づいて作る場合、所得金額から65万円を控除することができます。
青色申告特別控除を用いて申請すれば、控除された分の所得税がお得になることがあります。

続いては、白色申告があります。
白色申告とは、青色申告に比べて簡単に申告できる方法のことです。
貸し借り対照表が不必要であるほか、申請について所得の合計金額だけでよいため、書類も比較的簡単に済みます。

しかし、白色申請では特別控除がないため、確定申告によって得られるその他の特典は見込めません。
他にも。繰越などの青色申請だけにあるものがあるので、白色申請は手続きが簡単な分やや損してしまう申請方法であるといえます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る