確定申告で払いすぎた税金を取り戻す

>

確定申告で得する人とは

確定申告が義務付けられるもの

実は、多くの場合では確定申告は義務付けられていません。
その中でも、確定申告が義務付けられているのは厚生労働省によって定められている項目のうちひとつでも当てはまる人は確定申告が義務付けされます。

多くの場合は、会社員をしている方が副業を始め、それが20万円を超える収入になっていしまった場合に該当するようですので、副業を行う際は必ず収入の限度額を決めておきましょう。

その他は非常に少ないケースだと考えられるので、是非調べてみてください。

このように、確定申告が義務付けされているのはある種の特別な仕事をしている人が対称なので、一般人は特に気にする必要はありません。

しかし、場合によっては確定申告で得できてしまうケースがあるので、次にそれをご紹介しましょう。

確定申告で得できる人のパターン

ここで紹介するのは、確定申告をする必要がないものの、確定申告をすることで得できるという人たちです。

その安価にも、条件はいくつかに分かれています。
先ほど御所介した医療費については、一部を除き年間10万円以上の出費を下ばい易に申請可能です。
また、寄付、ふるさと納税をした人など、当てはまる場合もあります。

これらは確定申告をすることによって、所得の一部が控除扱いとなります。
それによって、所得税の納税金額が下がり、結果的に納税額を節約できたということになります。

上記のものには、会社が気づいてフォローしてくれる場合もありますが、基本的には自分の事情なので、自分で管理して確定申告を申請するようにしましょう。

また、還付金の申し込みには過去一定期間のみ有効という条件がありますので、もし過去にこのような事例があった方はなるべく速く還付金申し込みをしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る