確定申告で払いすぎた税金を取り戻す

>

確定申告による納税の変化

還付金とは

還付金とは、源泉所得税や過去の確定申告などで国に収めすぎた税金を、一部返還してもらえるという制度のことです。
ちなみに、還付金の申請ができる期間は決まっており、還付に該当する年の1月1日から5年間です。
それを過ぎると還付金の申請はできないので、気をつけるようにしましょう。

しかし、ひとつ勘違いしやすいのは、税額が多かったから還付金も多いとは限らないということです。
一般にサラリーマンの場合、会社は毎月源泉所得税を社員の給料から天引きしています。
これは基本的に多めに天引きしている会社がほとんどであり、多くの場合は還付金に影響が出るほど年末調整によって返還されています。

したがって、自分よりも年収が低い人のほうが還付金が多かったからといって何かがおかしいというわけではなく、ただ年末調整によって多めに返還されたという理由が考えられます。

税金と確定申告にはどんな関係があるのか

以上のように、確定申告というのは義務として行っている人もいる一方で、その制度を利用して税金の過払いを防ぐ目的で行っている人もいます。

税金は、国が成り立つ上で非常に重要な要素であり、私たち国民は税金を納める義務があります。
しかし、必要以上の税金を納める必要はなく、必要以上に収めてしまった税金に対しては確定申告という形で過払い分を取り戻すことができます。

確定申告には、先ほど述べたように二種類の申告方法があり、青色申告をしたほうが得になるということでした。

しかし、青色申告をするには、普段から日々の取引を細かく記録しておく必要があります。
そのため、いつどこで過払い金が発生するかわからない上では、常に確定申告を意識して取引に望むことが大切です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る